レフ板とは|カメラ・写真の基礎知識[deltaphoto]

Loading0%

レフ板とは

意味:レフ板とは

写真及び映像撮影時において被写体に太陽光やストロボ光など反射させるための板。リフレクター。

人物、料理、商品など動体・静体問わず、様々なジャンルで使用される。
レフ板は片方が白、もう片方がシルバーになっていることが多い。人物撮影においては、晴天時には白レフ、曇天時には反射率の高いシルバーレフを使うことが多いが、決まりがあるわけではない。

レフ板の効果

レフ板を使用し光を反射することで、被写体に当たる影を軽減することができる。
ストロボ光などで影を起こすこともできるが、レフ板を使用した光は反射光(拡散光)であり、より自然な光が作りやすい。

また、ストロボを使用するよりも省スペースで対応できるため、移動をしながら多くのカットを撮影するポートレート撮影や料理写真の起こし用の光を作る際、などに向いている。

ポートレートにおけるキャッチライト効果

レフ板を使用してポートレートを撮影することで、被写体の目にレフ板を写り込ませることができる。レフ板やストロボ光が映り込むことを「キャッチライト」と呼び、被写体の目をイキイキしているように見せる効果がある。

キャッチライトとは瞳の中の白い輝きのことを指す。ポートレートを撮影する際に、レフ板や照明を写し込むことでキャッチライトを作ることができる。
キャッチライトを入れることを生き生きとした表情の写真になる効果をキャッチライト効果と呼ぶ。

ポートレートにおけるレフ板の当て方

ポートレート撮影においてレフ板の反射光を当てるのは慣れていないと難しいと言われている。

レフ板がきちんと被写体にあたっていることを「レフがきいている」などという。

反射光がきちんと被写体にあてるためには、光源(太陽光やストロボ光などの人工光)から出る光をレフ板が受けて、反射できているかを確認する必要がある。
レフ板があたっているかは被写体の顔を見ながら、レフ板を動かしたり、白色のレフを持っている場合には、反対側のシルバー側で反射の時の様子を一度確認して見ることが重要(白レフの場合、反射率が低く肉眼ではわかりにくいことがある)。

また、レフ効果が少ないと感じた場合には写真の画角のギリギリまでレフ板を近づけることで、被写体に当たる光を強めることができる。

deltaphoto for videography
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo