インタビュー・対談・取材|出張カメラマンのdeltaphoto

Loading0%

インタビュー・対談写真 撮影事例


照明を使用しての撮影

カメラマンはインタビュー撮影時にストロボと呼ばれるカメラ用の照明を使用して撮影します。
暗い部屋でも人工的に光を作って撮影することができるので、仕上がりの写真は明るいものが出来上がります。

効率良くインタビュー写真を撮影する方法

インタビュー写真の撮り方は主に2通りあります。実際のインタビュー中に撮影をする方法と、「インタビューをしているフリ」で撮影する方法です。

多くの場合は実際のインタビュー中に撮影することになるかと思います。インタビューと撮影を同時進行にした場合、概ね撮影が先に完了するのですが、実際のインタビューが終わるまで待つ必要(ロス)が出てしまいます。

そのため概ね実際のインタビューが30〜40分、その後の働いている様子の写真などを撮影するとなると、セッティングチェンジの時間を考えると一人あたり1時間弱必要になります。

最も効率を重視する場合に使われるのは、実際のインタビューと写真撮影を分ける方法です。
実際のインタビューではないので、カメラマンからの指示を出したり、笑わせるような言葉をかけながら撮影することができます。

また、「インタビューしているフリ」というのはなかなか難しいので、実際はフレームの外に「嘘のインタビューをするインタビュアー(同僚の方など)」がおり、ざっくばらんに被写体の方が喋りやすい話題を振ってもらいます。

笑顔の写真を撮影したい場合には、被写体の方の趣味など、「好きなもの」の話を聞くのもの良いですし、真面目な顔が必要な場合には仕事の話で質問などをすると良いです。

このような「インタビューをしているフリ」での撮影であれば、インタビュー中の写真で左右を撮影して(セッティング時間等は除いて)10分程度で完了します。その後必要に応じて働いている様子を撮影しても、合計30分弱で1名分の撮影が完了する計算となります。

  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo