Loading...

集合写真 | 出張撮影のdeltaphoto

スピードライトを使って撮影をスムーズにするテクニック

2016.02.17

スピードライトの光で「撮られたことを認識させる」 「カメラマンによる撮影会」出張撮影帰りのデルタフォト山本です。 「プロカメラマンが記念写真を撮ります」というもので、お子様やカップルなど沢山の方々を撮ってきたのですが、こういった撮られ慣れていない人を撮るときのストロボの使い方をご紹介します。 スピードライトの光で「撮られたことを認識させる」  ストロボは基本的に「暗い場所でも明るく撮る」ためのツールです。しかし、不用意に焚いてしまえば、被写体の顔がテカったり不自然な質感になるので基本的には地明かりでの撮影をしています。 撮影に慣れていない方(子どもなど) …

, , , ,

【コミュニケーション編】集合写真で笑顔を撮る方法

2015.06.17

  「【技術編】一眼で集合写真をバッチリ撮る方法」ではカメラの技術的にどのような撮り方をすればよいかを書きました。しかし、撮る対象が人である以上、技術だけでは不十分です。 いくらブレずに、全員にピントがあっていて、歪みがない写真でも、撮られる側がぶすっとしていたら、良い写真ではないでしょう。 笑顔で楽しそうな職場や友人であることを見せる集合写真を撮るTipsです。 被写体の方の立ち位置を確認する 一枚目はテスト(捨てカット)と割り切る 「偉い人」や「主役」を”いじる” 1. 被写体の方の立ち位置を確認する 筆者は集合写真 …

, , ,

【技術編】一眼で集合写真をバッチリ撮る方法

2015.06.17

  会社の入社式、クラブ活動、友人の結婚式などなど…フォーマルな場で集合写真を撮るとき、ピントをきちんと合わせ、ブレないように撮るにはどうすればいいでしょうか。 簡単にみえて難しいのが集合写真。最前列から最後列まできちんとピントを合わせ、ブレないように撮らなければなりません。そして、パーティ会場のように暗い室内のシチュエーションも多くあります。もちろん被写体の、表情も気にしなければなりません。(→ 「【コミュニケーション編】集合写真で笑顔を撮る方法」へ) 1.ブレないために「三脚」を使おう 写真にブレは大敵です。手持ちでブレずに取れない状況では …

, , , , ,

出張撮影のデルタフォト

NEW POST

CATEGORY

TAG

カメラマン派遣・出張撮影の「デルタフォト」