カメラマンとは|カメラ・写真の基礎知識[deltaphoto]

Loading0%

カメラマンとは

意味:カメラマンとは

1・写真撮影を職業とする人。写真家。フォトグラファー。
2・映画やテレビを撮影する撮影技師。ビデオグラファー、シネマトグラファー。

カメラマンとフォトグラファーの違い

「カメラマン」とはカメラ機材を使い写真撮影もしくは映像撮影を生業とする職業・人物の総称である。
また、英語圏においての「カメラマン(Cameraman)」は映像の撮影技師(カメラオペレーター、映像カメラマン)を指す。フォトグラファーとビデオグラファーをまとめて「カメラマン」と呼ぶのは日本独自の言い回しである。
「フォトグラファー(Photographer)」は一眼レフカメラや一眼カメラ(ミラーレスカメラ)などの写真機(カメラ)を使用し、静止画(写真、Photograph)の撮影を生業としている者を指す。
一方、映像(動画)の撮影を生業とする場合、ビデオグラファー(Videographer)や映画の場合にはシネマトグラファー(Cinematographer)と呼ぶ。

映像業界での「カメラマン」と「キャメラマン」

テレビ業界では映像カメラマンのことを「キャメラマン」「キャメラさん」メイキング写真・メイキングスチールを撮影する写真カメラマンのことを「スチールカメラマン」「スチールマン」といった形で呼び分けている。また、映像業界においての「カメラマン」は文脈上映像カメラマンを指すことが多い。

  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo
  • logo